静岡市No.1タクシー会社 静鉄タクシー株式会社

  • プライバシーポリシー
  • 会社概要
  • サイトマップ
トップページ > ちょっと一息 > 第17回 土山・水口のおみやげ、あれこれ

旧東海道のおみやげ、あれこれ

 旧東海道を歩いてみると、今に残る伝統的なお土産や、お菓子などがたくさんあることがわかります。東海道中膝栗毛で、やじさん、きたさんの楽しみは、このお土産やお菓子を巡ることでもありましたね。
 静岡県民は、全国の道の駅、高速道路の売店等での、お土産の購買金額が、全国一という調査結果があります。その信憑性はともかく、確かに、いろいろなところで、両手いっぱいお土産を買って帰ることが多いですね。そんなものを少し紹介してみましょう。
 


第17回 土山・大野・水口

土山宿

本陣 2軒 脇本陣 0軒、旅籠 44軒、人口 1,505人
土山宿広重-min
旧東海道49番宿であります。鈴鹿峠を越えての初の宿場で、東の坂下宿、西の土山宿として栄えたようです。その昔、鈴鹿峠に山賊が出て、旅人を困らせたそうで、古くは「坂上田村麻呂」の時代からの伝承が残ります。「坂は、照る照る鈴鹿は、曇る あいの土山雨が降る」と鈴鹿馬子唄にも唄われています。


 かにが坂飴

 その昔、鈴鹿峠に大きなカニが出没し旅人を悩ませたそうです。地元の高僧がかにに説法したところ、涙を流し甲羅を八つに割いて消えたそうです。その八個の甲羅を蟹塚に祀ると蟹の血が固まったような八個の飴になったそうです。これが八個の飴として、田村神社の厄除けとして広まったようです。現在は、道の駅「あいの土山」東隣で、製造販売されています。西方は向かしながらの大麦から作られた麦芽糖のみで水飴状の物を丸く固めた物で、八つに割れた蟹の甲羅を模しています。
かにが飴外装-min
かにが飴内装-min
かにが飴-min


大野 間の宿



 土山宿、水口宿に続く間の宿として栄えたようです。造り酒屋や、野鳥による焼き鳥などが名物で、豊かな自然からの恵みで旅人を喜ばせたようですね。


水口宿

本陣 1軒、 脇本陣 1軒、旅籠 41軒、人口 2,692人
水口宿広重-min
 旧東海道50番宿です。伊勢別路tの追分でもあり、水口城の城下町でもあり大層栄えましたが、徳川宗家直轄地でも会ったことで、明治維新後冷遇され、東海道本線が関ヶ原経由となったことで、街は静かになりました。


 丁字麩
 丁字麩は、通常の「お麩」が円柱状をしているのに対し、旅人が持ち運びしやすいようにと、角形にしたのが特徴です。また、横筋を入れるのも、麩の表面の補強のためで旅人のお土産を想定しての工夫ですね。近江地方の古くからの食材で、各宿場でも人気があったようです。最近では、近江牛を使ったすき焼きの具材として人気が高いです。家庭料理としては、卵とじなどが人気です。基本的に一旦水に戻して、水切りをして、それぞれの具材として利用します。
丁字麩外装-min
丁字麩内装-min
丁字麩料理-min


第16回 <
旧東海道のおみやげ TOP↑
> 第18回
皆様からの情報をお待ちしております。
投稿フォームからどうぞ!
東海道バナー250-min
投稿フォーム250-min


※このページの写真の一部に、個人所有のものがあります。承諾を得て掲載しておりますので、無断転載等はご遠慮願います。