静岡市No.1タクシー会社 静鉄タクシー株式会社

  • プライバシーポリシー
  • 会社概要
  • サイトマップ
トップページ > ちょっと一息 > しぞーか産オリーブオイルの食べ比べ

しぞーか産オリーブオイル

食べ比べ Tasting

静岡産オリーブオイル5種500-min


 静岡産のオリーブオイルが出回りました。10月頃が収穫のシーズンのようです。
 オリーブオイルは、鮮度が命。特に、エキストラ・バージンオイルとなると、鮮度、輸送の振動、温度、湿度、全てが重要な要素。また、フィルター濾過を通していないため、オリーブ本来の風味が愉しめます。その反面、保存にはシビアで、すぐに風味が損ないます。
 静岡で栽培、静岡で搾取、静岡で瓶詰、静岡市内での輸送。
 これこそ、究極の「ザ・地産地消」ならではの、愉しみ方ですね。1年に1回だけの、この贅沢な愉しみ。紹介します!

しぞーかの農産物バナー250-min
ちょっと一息250-min
ワインレシピバナー250-min



ぶりのバジルソース

ぶりの食べ比べ-min
 このところ、わかし、ぶりが良く獲れるようです。脂ののった「寒ブリ」ではありませんが、逆に身の旨みがオリーブオイルの良く合います。

ぶりペンドリーノ-min
Pendolino
ペンドリーノ

オリーブオイルのりんごの風味が強く、パンチが効いている。

ぶりの旨みと、バジルの香りに、
突然、ガツンと、オリーブの風味がのってくるようです。
ぶりピクアル-min
Picual
ピクアル

オリーブオイルの、キングオブキング。
苦味、辛味、フルーティーさ、青み、全て平均点。
魚臭さを消し、バジルの香りを強調します。
食べやすく、定番の味ですね。
ぶりコラティナ-min
Coratina
コラティナ

苦味、青臭さがあり、一瞬、旨いと思うが、
ちょっと時間がたつと、香の抜けた青唐辛子のような辛味が襲ってくる。
魚料理より、パンチの利いた肉料理の方が合うかもしれない。
ぶりコロネイギ-min
Koroneiki
コロネイキ

これは旨い!
青みが強く、ザ・オリーブオイルの風味がある。
でも、バジルソースとの相性はぴったりで、
ぶり特有の苦み、魚臭さを消し、
まるでホワイトミートのような上品なテイスティング。
ぶりタジャスカ-min
Tajasuka
タジャスカ

フルーティーにて繊細。
りんごの風味があるが、ぶりの臭みも無くなり、
バジルソースともそつなく調和するも、
ぶりの旨みも減っちゃったようです。



黒鯛とレモンとアンチョビ

黒鯛の食べ比べ-min
 由比港で、獲れたて活締めの黒鯛を入手し、自分で捌いてみました。漁師さんに、「オリーブオイルで食べたいけど、どっちが良い?」と尋ねると、にっこり「黒鯛さ!」。なるほど、オリーブオイルだと黒鯛の独特の旨みが引き立ちますね。
レモンも、静岡市駿河区産。地元JAで手に入れました。
 正真正銘の、オール静岡産でした!

黒鯛ペンドリーノ-min
Pendolino
ペンドリーノ

 旨い!直感的に好き!

オリーブオイルのりんごの風味と、レモンとが見事に調和し、
黒鯛の生臭さを消しつつ、旨みを引き立たせます。
アンチョビの塩辛さが、さらに黒鯛の風味を飾ります。
黒鯛ピクアル-min
Picual
ピクアル

オリーブオイルの風味を保ちつつ、黒鯛のコクを消さずに、
邪魔もしない。逆に、アンチョビが強すぎるかもしれない。
オリーブオイルのキング・オブ・キングだけに、
正統派で、そつなく、優等生。
でも、食べ比べとなると、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。
黒鯛コラティナ-min
Coratina
コラティナ

これも旨い!

ペンドリーノ同様、オリーブオイルのりんごの風味と
レモンの掛け合いが最高。
その中に黒鯛がしっかり覗いています。
食べ終わった後、若干辛みが残るが、これがまた食べたくさせる。
黒鯛コロネイギ-min
Koroneiki
コロネイキ

ぶりの時は、最高に合うと感じたが、
黒鯛だとオリーブオイルの風味が強すぎて、黒鯛の旨みが消えてしまった。
アンチョビのコクや、バジルソースの香りには、
良く合うのだが、黒鯛がいない感じ。
黒鯛タジャスカ-min
Tajasuka
タジャスカ

レモンの味も、黒鯛の旨みも、アンチョビの塩辛さも、
バジルソースの青みも、全てが程なく調和している。
でも、オリーブオイルがいない感じです。
確かに、黒鯛の臭みもないので、魚が苦手な人には 
良いかもしれません。

※ 味の評価は、個人差があります。編集者は、料理人でもソムリエでもありません。あくまで個人的な感想です。