静岡市No.1タクシー会社 静鉄タクシー株式会社

  • プライバシーポリシー
  • 会社概要
  • サイトマップ
トランペットのお手入れ(超初級編)
トップページ > ちょっと一息 > トランペットのお手入れ(超初級編)
吹部バナー250-min超初級楽器講座バナー250-min楽器体験バナー250-min

トランペットのお手入れ

YTR6310Z-min


超初級トランペットお手入れ講座


 ・メンテナンス用品 
バルブオイル-min
バルブオイル
3つのピストンの動きを潤滑にします。




スライドグリス-min



スライドグリス

主抜差管、2番抜差管がスムーズに動くことと、息漏れの無いようにします。
チューニングオイル-min
チューニングオイル
1番、3番抜差管にたっぷりと付けて、素早い動きが出来るようにします。

ヤマハ_ポリッシングクロス-min

ポリッシングクロス




簡単なお手入れ方法

 ●マウスピース
   吹く前に、簡単に水洗いしましょう。吹き終わったら、唾液が付いているので、中性洗剤で洗えばタンパク質の汚れは落ちます。無くても水洗いだけでもしていれば、さびにくいです。銀鍍金は、ほっておくと黒ずんできます。これはタンパク質の硫黄分が銀と反応するからです。こまめに洗っていれば、黒く変色しにくいです。ただ、鍍金の暑さは非常に薄いので、ブラシでゴシゴシ洗うと、銀鍍金が剥がれて、真鍮の粗金が出てきてまたさびやすくなります。普段は、柔らかい布なので丁寧に柔らかく拭き取ります。

 ●「おつゆ」はこまめに
   どうしても、つばが出ます。タンギングといって、「ドッ、ドッ、ドッ、ドッ」など途切れた音の連発など吹けば、管の中はおつゆでいっぱいです。こまめに水抜き栓を開いておつゆを出します。その際、床がぬれます。そのため、小さめのタオルが必需品ですね。管内におつゆが溜まると、ブツブツ途切れた音になります。オーケストラなどでも、演奏の合間を見て楽器を回したりしておつゆを出していますよ。

 ●水でバシャバシャ!
   トランペットは構造が簡単なので、時々水をバシャバシャ流し込んで、1回転させて水を抜くなんて大胆な管内洗浄が出来ます。たまには中性洗剤で、タンパク質を落とすのも良いでしょう。でも、その後の洗浄は何度もやって、洗剤が残らないようにしてくださいね。ただし、管の内側は非常に繊細です。傷が付くと、吹く抵抗が増えて吹きにくくなるほか、音色にも影響します。硬いブラシでゴシゴシ磨くことは止めましょう。
   「金管吹きは楽器と一緒にお風呂に入る」そんな都市伝説、聞いたことありません?お湯で洗うと乾きも早いので、水洗いをする際、最後、給湯器のお湯で仕上げると、良いです。ただし、熱湯はだめです。金管だけにすぐに熱が伝わり火傷しますよ!
   水洗いの後は、速やかに水分を取って、オイルを差します。

 ●バルブオイルとチューニングオイル

Tpピストン全景-min

ピストン 全体

 金管楽器の多くは、このピストンで管長を切り替えて、音程を変えています。従って、このピストンとシリンダーの動きがスムーズで無いと、演奏に影響します。
 特に、この下部の穴のあいたパーツは、非常に精密な「平滑」であります。ここを傷つけないように、慎重に取り扱ってください。



Tpピストン分解部品全景-min

ピストン 分解

 ピストンは、主に、ピストン本体、バネ、ボタンのパーツからできています。
 バネのストッパーの白いプラ部品は、方向性があります。リング部分の凹凸や、リブの形状をよく見て、間違わないように組み立ててください。



Tpピストン抜き差し-min

ピストン オイル注油

 通常のオイル差しは、この程度ピストンを抜いて、下部のピストン本体にたっぷりと注油してください。
 注油後は、オイルが馴染むように、何度か激しくピストンを上下に動かしてください。


   水洗いをした後は、必ずオイルなどをたっぷり付けてください。バルブピストンの擦れるところは、多めに付けて何度もピストンを押してなじませてください。ピストンを抜く際、バネが入っています。よもすると跳ねて飛んで言ってしまいます。ゆっくりと抜いて、部品を小さなケースにまとめておいておくと良いでしょう。組み立てる際は、ピストンに番号が付いていますから、その番号のシリンダーにちゃんと入れてください。向きがあります。向きを間違うと息が通りません。穴の位置を確認して、ぴったりとセットしましょう。


Tp抜差管全景-min

抜差管

 左から、1番抜差管、2番抜差管、3番抜差管です。

 1番と3番は、演奏中にスライドさせますから、特にスムーズに動くように調整します。




Tp抜差管分解-min

抜差管本体側

 抜差管と同様に、こちらの内部管側も、オイルを塗ります。

 差管同様、このスライド部分は、非常に精密な平滑面ですので、傷が付かないように注意してください。
 オイルは、エア漏れ防止の意味もあります。


 抜差管のスライドする部分は、ちょっとでもへこませると空気が抜けちゃいます。取り扱いに注意してください。主管抜き差し部と、2番抜差管は滅多に動かしませんので、固めのグリスを。1番と3番抜差管は瞬時に動かしますので、引っかかりの内容に汚れを拭き取り、チューニングオイルでなじませてください。
 3番抜差管は、3番ピストンを押ながらベルを下に向けると、ストンと抜け落ちます。そのためにストッパーが付いています。このネジの位置を確認しましょう。きつく閉めると、抜差管が凹みます。緩いと抜け落ちて抜差管を傷つけます。逆に言えば、そのぐらいするすると動くのが正しい状態です。上手く動かない場合は、お店に調整に出すか、高メッシュの耐水ペーパーで表面を薄く削り中管を若干細くする加工が必要です。

 ●錆びを防止

基本的に真鍮にラッカーという樹脂製の塗料が塗られています。ラッカーが切れると、あっという間に真鍮は錆て穴が空くこともあります。
手指の皮脂が汚れを助長します。演奏が終わったら、全体をポリッシングクロスで拭き上げると良いでしょう。
どうしてもつやが無くなってきたら、ラッカーポリッシュで軽く磨くと艶が回復します。ただしやり過ぎると研磨剤が入っているため、ラッカー切れを起こします。注意してくださいね。





ちょっと一息250-min
皆様からの投稿をお待ちしています!

投稿フォーム250-min

主人公は、中学1.年の美奈。初めて楽器を触ってからの吹奏楽への挑戦オムニバスです。
めざせ東海大会バナー250-min
※ 一部の写真は、ヤマハ株式会社より提供および掲載承認のもと掲載しております。無断転載等ご遠慮ください。