静岡市No.1タクシー会社 静鉄タクシー株式会社

  • プライバシーポリシー
  • 会社概要
  • サイトマップ
フルートのお手入れ(超初級編)
トップページ > ちょっと一息 > フルートのお手入れ(超初級編)
吹部バナー250-min超初級楽器講座バナー250-min楽器体験バナー250-min

フルートのお手入れ

フルートYFL516_2-min


 
 ※あくまで超初心者に、興味を持ってもらうことを前提としています。コンクールを狙う吹奏楽部生さんや、ソロを狙うプロをめざす人には、全く参考になりません。変な癖が付く前に、ちゃんとした指導者の下で本当の「レッスン」を受けてくださいね。

超初級フルートお手入れ講座



 ●メンテナンス用品 
フルートお手入れ7-min
クリーニングロッド
インナークロス
ヤマハ_ポリッシングクロス-min

ポリッシングクロス



簡単なお手入れ方法


 ●スワブで水分をふきとる
 金管ほど内部に唾液が入ることはありませんが、吹き込む息は温かく湿っています。当然、管内壁は結露して濡れています。柔らかい薄い布をクリーニングロッドに差し込んで、丁寧に拭き取ります。

フルートお手入れ1-min


クリーニングロッド
フルートの内管壁は非常に繊細で細いので、通常のスワブでは無く、専用の「インナークロス」を使います。クラリネットなどのスワブよりも、柔らかな素材でできています。


フルートお手入れ2-min


インナークロスを差し込む
クリーニングロッドに通したクロスを軽く丸めて、本体の管内部に軽く回しながら差し込んでいきます。
管体が銀製であったり、銀鍍金であるので、傷つきやすいです。ゆっくりと丁寧に差し入れます。


フルートお手入れ3-min


インナークロスを逆挿入

フルートの管長が長いので、片方からのクロス挿入では全てを拭ききれません。無理せず、逆側から挿入しましょう。



フルートお手入れ4-min


足部管

足部管は、短いので、片方から挿入で十分吹ききれますね。


フルートお手入れ5-min


頭部管
頭部管は、管頂部が閉ざされているので、奥まで入りません。
中に反射板が組み込まれていて、大体リッププレートの頭頂側あたりで閉ざされています。
この反射板の位置がずれたり傷が付いたりすると、音色に影響します。無理せず、ゆっくりと挿入し、唄口にクロスが見えたら、少し戻して軽く回すと良いでしょう。


フルートお手入れ6-min


唄口まで
この唄口の開口部のおよそ2cm先に反射板があります。
ロッドを少し引くと、ロッド先端にクロスが回り込みます。
そしてまたこの程度までロッドを差し込むと、回り込んだクロス(柔らかい)が先端部に軽く当たり、湿気を取ることができますね。

 ●管体の黒ずみを防ぐ


銀製、銀鍍金製
銀製や銀鍍金は、手指の皮脂に含まれる硫黄成分により、硫化銀になり黒ずんできます。これを防ぐためにも、管体全体に皮脂が残らないように気をつけましょう。
とはいっても、食器用洗剤などを使えば、タンポを傷めます。
こまめに皮脂を拭き取るのが良いのですが、シルバークロスを使うと、表面を削ってしまいます。
ポリッシングクロスなどの、柔らかな素材のクロスで、丁寧に拭き取りましょう。



 ●反射板の調整

フルート調整1-min

反射板の調整

 頭部管の頭は、塞がっています。開口部から入った「音」の振動は、頭に反射板があり、そこに共鳴して一気に管体に流れていきます。この開口部から反射板までの距離は「決められて」います。
 内部の湿り気を採ることに使える指し棒に、溝が付いています。
この指し棒をそっと入れてみましょう。


フルート調整2-min

反射板の位置

 開口部の穴の、ど真ん中に、この指し棒についている、溝が合えば、正しい位置です。
 うっかり頭部のクラウンを触ると、反射板が動いてしまうことがあります。その場合は、クラウンを回して一旦押し込んでから、指し棒でゆっくり所定の位置に戻す、と言う作業が必要ですが、お店に見てもらう方が良いかもね。





ちょっと一息250-min
皆様からの投稿をお待ちしています!

投稿フォーム250-min

主人公は、中学1.年の美奈。初めて楽器を触ってからの吹奏楽への挑戦オムニバスです。
めざせ東海大会バナー250-min
※ 一部の写真は、ヤマハ株式会社より提供および掲載承認のもと掲載しております。無断転載等ご遠慮ください。