静岡市No.1タクシー会社 静鉄タクシー株式会社

  • プライバシーポリシー
  • 会社概要
  • サイトマップ
トップページ > ちょっと一息 > えっ、マジで歩く旧東海道 第18回 吉永のマンポ~膳所城址
東海道バナー250-min

えっ、マジで歩く旧東海道 第18回



吉永のマンポ~膳所城址

 旧東海道のおみやげ あれこれ 第18回は こちら

このリンクは、(株)マピオン「距離則β(ベータ)版」サイトとリンクしています。

ルート参照

 そうだ! (歩いて)京都、行こう!

 突然始まった、とんでも企画「えっ、マジで歩く旧東海道」も、残すところあと2回。早朝の日本橋を出て、1年半。そう思うと感慨深いですね。気がつけば人も増えています。
 東海道を征する者は、天下を征す
 そんな言葉にだまされて、ここまで来ました。

 6:35 吉永のマンポ 出発
 7:40 石部宿
 9:10 間の宿 手原
11:00 草津宿 
11:30 昼食
13:30 弁天池
16:00 瀬棚唐橋
16:30 膳所城址 中止
吉永のマンポスタート-min
おっと、2度目の女性の参加!
吉永のマンポ、元気よくスタート
夏見立場天井川-min
似たような場所ですね。
夏見立場の由良谷川のマンポです。
夏見天井川改修-min
こちらは、川床を削り改修中。現代土木の力です。
御代榮-min
このあたりは、造り酒屋が多いです。宿場あたり2軒はあったかな
造り酒屋の杉玉大-min
この杉玉は新しい。ということは新酒が出来たばかりですね。
造り酒屋の井戸水-min
造り酒屋の井戸水は「旨い」
北島酒造-min
仕込み倉にも杉玉が....
石部宿旧家1-min
板塀ではなく土塀。だんだん京都が近い証拠です。
春耕間近-min
春耕間近!
このあたりは、「イセキ」トラクターが多い。「イセキ」と聞くと、「ポルシェ」を連想するのは私だけ?
石部宿石部城址-min
石部宿 到着
石部宿本陣跡-min
石部宿本陣跡
旧和中散本舗-min
旧和中散本舗(大角邸)
徳川家康の胃薬だったとか。大角家は財を築いた豪商でした。
ぜさいや看板-min
商品名「ぜさい」看板
大角邸-min
六地蔵は間の宿で、この大角邸も、本陣として機能していました
大隅家隠居所-min
大角家別宅
本宅が本陣として使われたとき、こちらに居住したそうな
小野村旧屋-min
町が深く、街道筋に大きな旧宅がちらほら残っています。このあたりは小野村
手原醤油-min
手原醤油跡
間の宿 手原村
塩屋屋号-min
屋号は塩屋
今はもう造ってなさそう....
手原醤油土蔵小路-min
仕込み倉の小路
里内呉服店-min
里内呉服店跡
里内呉服店屋号-min
こちらも屋号看板
手原稲荷神社-min
里中稲荷神社 1245年建立
東海道名所記に「傘松」と記されている
鈎の陣所跡-min
鈎の陣所跡
九代将軍足利義尚公ゆかりの地
目川ひょうたん-min
目川ひょうたん
ひょうたんよりも牛に目が行きました
草津マンポ国道切り通し-min
草津川も天井川でした。今は廃川となり、改修中
国道の切り通しです。
草津川廃川-min
草津川の川床は公園に整備されています。
草津宿街道-min
草津宿
賑わいのある町並みが思い浮かびます。
草津宿追分-min
右 東海道いせみち
左 中山道北国街道
草津追分道標
改装前草津マンポ-min草津まんぽの改修前
右が道標
天井川のトンネルです。
草津本陣跡-min
草津宿 草津本陣
東海道に残る本陣2軒のうちの1軒

草津本陣玄関-min草津本陣限界
お殿様用の玄関です
草津本陣内部-min控えの間でこんなに豪華。主の間は撮影禁止。絢爛豪華!草津宿脇本陣-min
こちらは脇本陣
いまは、カフェです。
草津鰻重定食-min
草津と言えば、うなぎ!
関西焼きのうな重です!
関西焼うな重でピース-min
東海道巡りの最大のお楽しみ!
うなぎで がっつり!
柏餅外容器-min
草津の名店「姥が餅」の柏餅
姥が餅本舗柏餅-min
小粒ながら身が締まっていて上品ですね。
よもぎ餅-min
東海道巡りの2つめの楽しみ
甘味巡り!
建部大社石鳥居-min
建部大社
日本武尊を祀っています。瀬棚を征するは東海道を征す。
建部大社本殿-min
武運の神様ですね。
静岡とは「草薙剣」の縁
唐橋駅前瓦屋-min
唐橋西詰の瓦屋さん
巨大鬼瓦-min
でかい鬼瓦にびっくり!
瀬棚の町家-min
唐橋東詰の町家
うん、京都が近い。この色、建て方は京風町家の特徴です
瀬棚の旧屋-min
こちらは関東風の建て方ですが、黒漆喰は趣がありますね。
膳所城址-min
突然の雨で、大津宿手間でで無念の中断
ここは膳所城址
建部大社で、日本武尊にお参りをしたら、突然の雨。
これって、織田信長が熱田神宮(日本武尊を祀っている)をお参りして、今川義元を桶狭間で討ち取ったことに似ていますね。
その後、ご存じの通り織田信長は天下を取りました!
さて、織田信長が出てきたところで、膳所城址で、中断。
うーん、石田三成の怨霊が....




このページは、(株)マピオン社による、地図データリンクの承諾を得て運営しております。
このページは、(株)マピオンのアプリ「距離則β(ベータ)版」と連携して表示をしております。スマートフォン使用の場合は、専用アプリ「距離則β(ベータ)版」がインストールされていると、メモ等の詳細を見ることができます。


Mapion