静岡市No.1タクシー会社 静鉄タクシー株式会社

  • プライバシーポリシー
  • 会社概要
  • サイトマップ

新配車システム

 静鉄タクシーでは、情報処理技術の向上に伴い、最新の配車システムを導入し、お客様の多様なニーズにお応えできるように進めています。
従来型の集中無線方式から、IP通信方式に、静岡県内で初じめて採用してきました。(藤枝配車システム:平成25年6月稼働)
この度、平成29年1月22日より、静岡地区におきまして、更に新しい配車システムを導入いたしました。


集中無線とIP無線の違い

集中無線イラスト400
集中無線方式

 集中無線方式は、背の高いアンテナから電波を飛ばします。
アンテナが1本で良いため、タクシー無線の多くは、この方式でした。
ただ、背の高いビルや、山などの障害物があると、電波が届きにくく、また、アンテナの出力もあり、長距離の通信はできませんでした。
 また、安定した通信を確保するため、伝送速度が低く設定されていて、最新の情報通信量を考慮すると、不利になりつつありました。
IP無線イラスト400
IP無線方式(携帯電話利用)

 IP無線方式は、携帯電話の電波を利用します。
携帯電話が通じれば、北海道でも、山の向こう側でも、基本的には通信ができます。また、その品質も、携帯電話と同等で、音声もクリアで聞き取りやすいです。通信速度も格段に向上し、送受信できるデータ量にゆとりがあります。
受信エリア
配車システムの車両状態表示
 この画面は、車両情報を表示しています。
赤色は、実車(お客様を乗せている状態)
緑色は、空車などと設定して、車両番号が表示されています。

 従来の集中無線方式ですと、左の青線の枠の中だけしか通信ができませんでした。
 IP無線方式だと、箱根の外輪山の中でも、また、沼津の東名高速でも、正確に位置を表示でき、音声通信も、クリヤで、聞き取りやすいです。



サーバ方式とクラウド方式の違い

クライアントサーバ

クライアント・サーバシステム

 従来のシステムは、クライアント・サーバシステムを採用していました。
複雑なプログラム、膨大なお客様データ、車両管理データ、予約システム等、専門のプログラムを、LAN経由で接続し、複数のサーバPCを連結させて、情報処理を行っていました。

 このサーバPCは、24時間365日稼働という中で、電源管理、温度管理等、非常にコストが高いものであり、また、機械的な寿命があり、定期的に新しいものに入れ替えるという事が必要となります。

 また、クライアントPC、サーバPCセットで、一つのシステムを構成しているため、別の場所に分かれて設置することが難しく、営業所毎にシステムを構築していました。
クラウドサーバ接続

クラウドサーバ(インターネット)システム

 クラウドシステムとは、インターネット上に仮想のサーバを設定し、それぞれを、インターネットで連結するという物です。物理的な「サーバpc」がどこか特定の場所に存在するのではなく、超大型コンピュータをいくつか間借りしているような状態です。

 クライアント側は、インターネット環境があれば、どこにでもシステムが展開できます。また、従来は、サーバPCの能力に依存したシステム処理が、スーパーコンピュータ並の能力にまで引き上げあれ、かなり複雑な情報処理も可能となっています。

 将来的には、複数の営業所の配車システムを統合し、一元管理で稼働させることが可能です。

新システムを活かした今後の展開

タクコンシステムとの連携

 タクシー業務の、売上管理、労務管理を統合した、「タクコン」システムと、クラウド上で連結。
運転者の前日までの売上金額、総労働時間等を、運転者自身が翌勤務時に把握することができるようになります。確実な休憩が取れているか、売上目標にあとどのくらい足りないか、運転者自身が日々、確認できることで、過労防止、事故予防につながると考えております。
また、クラウド上であれば、いろいろなシステムと連携が可能です。将来何ができるのか、研究を始めております。

IP無線を利用した、緊急連絡網

 東日本大震災、熊本地震等で、携帯電話の復旧が早い段階で整っています。有線方式よりも、無線方式が災害時に有効であるとともに、携帯電話の通信規格の進歩により、光ファイバに匹敵する情報速度が可能となり、IP無線網は、災害時等の緊急連絡網として有効なツールと言えます。例えば、各地区に点在する避難所にタクシー車両そのものを配置することで、非常電源と通信手段を確保することが可能となります。
来るべき大災害に備え、どんなことができるか、検討を始めております。